おやじの見たまんま 3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

号外 ・・・ 南砺福野 vs 天理(奈良) 全国高校野球、8/9(日)第4試合

第91回全国高校野球選手権 (8 ~ 22日、甲子園)
組み合わせ抽選会は5日、大阪市の大阪国際会議場であり、
県代表の南砺総合高校福野高校 ( 初出場 ) は大会第2日の9日、1回戦第4試合で、
奈良代表の天理と対戦することが決まった。試合は午後4時開始予定で、南砺福野は三塁側。

 南砺福野の常本達也主将は予備抽選の結果、33番目にくじを引いた。
番号札は14番で、13番を引いた天理との対戦が決まった。天理は3年ぶり24度目の出場。
2年前から初戦の東西対抗方式が廃止され、すべての都道府県代表と当たる
可能性のある方式に変更となっている。

 この日の抽選で、3回戦までの対戦が決まった。準々決勝の組み合わせ抽選は
18日の大会第11日第1試合終了後、準決勝の組み合わせ抽選は19日の同12日
第1試合終了後に、それぞれ行う。

南砺総合高校福野高校
 守りから流れを引き寄せるチーム。2年生エースの上田は投手に転向したばかりだが、
制球力が良く、走者を背負っても大崩れしない。打たせて取る盛田も安定感がある。
チーム打率は2割3分9厘で、長打力こそないが、好機を得点につなげる集中力が持ち味。
富山大会では6試合中5試合で終盤の七回以降に勝ち越しや逆転を演じるなど、勝負強さが光った。

天理
 今春の選抜大会に続く2季連続出場。奈良大会では5試合で48得点。
春以降に打撃フォームを改造した4番・西浦が打率8割を超える成績を残した。
5番・大西も1試合2本の満塁本塁打を放つなど、強力打線が光る。
右腕中山はコントロールを重視した粘り強い投球が持ち味で、要所を締める。
夏の大会は2度の優勝経験を持つ。主なOBには富山サンダーバーズの鈴木康友監督ら。

北日本新聞 ・・・ 号外 ・・・

| 高校 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://oyazinomitamanma.blog54.fc2.com/tb.php/37-88347e0f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。